<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH THIS SITE
RSS READER
LINKS
 古本関係の相互リンク歓迎です
ARCHIVES

古本買取りのご案内

神奈川県の古本屋【優楽書房】では、古本/CD/DVD/ゲーム出張買取りを行っています。
買取りが成立してもしなくても、迅速で気持ちの良い対応をこころがけております。
売却・処分をお考えの方、ぜひ、ご利用ください。

詳細はコチラ■出張買取りについてをご覧ください

出張買い取り-秦野にて

出張買い取り-秦野にて

 

一部屋ほぼすべてと、処分の雑誌類をあわせて引き取り。

すべて順調に取引完了しました。

ありがとうございます。

 

作業中はアドレナリンが出ているのか全く苦にならない本の重さが、

事務所に戻ると急に感じられる。

本物そっくりの恐竜のイラスト(本当は全然違うのでしょうが)を見て、

人間ってのは笑ってしまうぐらい凄いなあと思いました。

2018.03.19 Monday 05:12 | comments(0) | trackbacks(0) | 出張買取りの記 | 

出張買取-秦野市にて

出張買取-秦野市にて

 

小雨混じり。本好きの方の蔵書整理で伺いました。

大手古書店さんが出張買い取りに対応していなかったらしく、

当店にご依頼頂いたとのこと。

 

本が好きな人は、たいてい本棚に本が収まらなくなってしまいますね。

本棚を前後2重にした後は、本棚の上、何かの隙間、衣裳ケース、物置、床など

だんだんと本が進出していきます。

今回は、冷蔵庫に本が収納されているのを初めて見ました。

使わなくなった冷蔵庫でしたが、日焼けやほこりがなくて、本の収納場所には最適です。

 

今回は2階で大量だったので、箱詰めするとなると宅配買い取りでは大変だったかもしれません。

とても喜んで頂けて、出張買い取りでお役に立てて良かったなあと思いました。

 

 

2018.02.18 Sunday 07:55 | comments(0) | trackbacks(0) | 出張買取りの記 | 

古本出張買い取り-座間にて

マンションの管理上、車を下に止められないとのこと。

 

車を近くに置けないというのは、作業的には手間になりますが、

だからこその依頼ということもあるわけで、まあ何とかなります。

台車で運ぶということになるだけで、100回以上はやってますが何とかなってます。

(そりゃそうか)

 

そもそも古本屋は、本処分にまつわる諸々の面倒事を一手に引き受けることが仕事という気がします。

時間があれば、ご自分で愛書の行く先を探すのもいいかもしれません。

売買するサイトはあるし、古本屋に売るより高く売れますし。

 

ただ、色々面倒だなって時は、ぜひご依頼下さい。

神奈川県内、およそ100点程まとまった数があれば出張買取りに伺います。

 

さて、この日は50m程離れた所に置いて、台車で1回で運べました。

本・雑誌・CD・DVD等、伺ってから完了まで、1時間ほどでした。

ありがとうございました。

2017.10.03 Tuesday 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | 出張買取りの記 | 

出張買取-秦野市にて

家の中と物置の本の出張買取をしてきました。

遺品の整理とのことで、家の中の本は既に詰めるだけとなっていました。

物置は2か所あり、多少時間がかかりましたが無事完了。

かなり量があり、2回に分けて運びました。

 

遺品の整理は、いつも大変そうです。

私がお手伝いできるのは、たくさんある物の一部なので、

お客さんは、私が行く前から作業されていて帰る時もまだ作業されています。

それでも、片付いた空間や、お客さんの少しスッキリした表情を見ると、

よかったなあと思います。

 

この日は、時代物・ファンタジー・マンガ・音楽・雑誌など

5月頃ですが、とても暑い日でした。

今の暑さは、もう暑いを通り越してますね。

2017.05.31 Wednesday 06:40 | comments(0) | trackbacks(0) | 出張買取りの記 | 

出張買取-大礒町にて

艦船、軍事関係中心で買取させていただきました。

 

出張買取に伺う日までに本をどうしておけばよいか?と聞かれることが結構ありますが、

売る本と売らない本とで分けておいて頂ければ助かります。

玄関先に積んであったり、お部屋の本棚のこちらとこちらとか、この部屋全部とかいろいろです。

本で溢れかえる部屋も随分見てきたので、まあどんな状態でも大丈夫ですけど。

 

段ボール等はこちらで用意して持っていきます。

見積もり→お支払→箱詰め・運搬という流れです。

 

今日は予想より高い買取となったようで、良かったです。

少し心配になられたのか、買取の本についていろいろ教えていただきました。

本は持っている方のほうがよく知っていますから、勉強になりました。

 

ありがとうございました。

 

 

2017.03.16 Thursday 17:45 | comments(0) | trackbacks(0) | 出張買取りの記 | 

出張買取ー小田原にて

千冊程お売り頂く。
狭い路地で車が入れないため、30m程を台車で往復。
3世代分の本の整理とのことでした。

もう独立された男のお子さんを、「今がかわいい盛り。」と思っていたら、
そのまま大人になってしまったとのこと。
これは私も全く同感。
今の所ずっとかわいい盛りで、
(親が依存しないようにしないとっ。)て考えることがあります。

いろいろお気遣い頂いて、
どちらが客だかわからなくなる。
どういうわけか買取依頼のお客さんは優しい方ばかりで、
いつも元気になります。
感謝。
2013.02.07 Thursday 19:30 | comments(2) | trackbacks(0) | 出張買取りの記 | 

出張買取-茅ヶ崎にて

 茅ヶ崎にて買取、200冊程。
暑かったことを思い出すので、かなり前です。
海外からの一時帰国での本の整理とのこと。
思い入れのあった本もあったようですが、
大丈夫だったのでしょうか。
まあ、あまり気にし過ぎると商売できなくなります。

「日本て、どこにいっても本屋さんがあるでしょ。
 いろんな国へ行ったけど、こんな国はないよ。」
と話されていたのを、ふと思い出しました。
帰国してみると、日本人はかなりの本好きと感じるそうです。
私を含め、とかく暗くなりがちな本業界は、
まだ世界に比べればマシだと思うべきなのかもしれません。

2013.01.29 Tuesday 10:36 | comments(0) | trackbacks(0) | 出張買取りの記 | 

出張買取 二宮町にて

出張買取 二宮町にて

故人の蔵書の整理で2回目の出張買取でした。

「前回はいつでしたっけ?」
と聞かれて、
「トマトやナスがなっていたので、夏・・ですね。」
「じゃあ、半年前?」
「いや、たぶんその1年前だと思います。」
と答えましたが、あまり自信がありません。
半年前と1年半前がはっきりしなくなってしまいました。
2012.01.17 Tuesday 10:42 | comments(2) | trackbacks(0) | 出張買取りの記 | 

出張買取ー海老名にて

出張買取ー海老名にて

昨年の秋頃からか、「バーコードのない本だけど、大丈夫か。」
との問い合わせが多くなった気がします。
ISBN番号のないものはダメというのは聞いたことがありましたが、
買取基準が変わったのでしょうか。

伺うとバーコードありが少し、ISBN番号ありが2割程、
残りはそれ以前の古書です。
量がかなりあったので、2回に分けての出張買取となりました。
高価買取とはいきませんでしたが、
感謝して頂いて報われた気がします。

バーコードなしの本をダメにすると必然的に、
新しい本だけが入ってくるようになります。
新しい本の方が動きが良いし、売れない本も少ない。
古い本は、売れない本の中から売れる本をピックアップしないといけない。
本の清掃にも時間がかかるし、本の状態でのクレームのリスクも高い。
合理的な判断だなあ、と思います。

といっても、当店ではこのような戦略はとれないでしょう。
競争力のある大手古書店からおいしい所を取っていって、
残りを当店のような零細古書店がいただくということになります。
ライオンが内臓だけ食べて、残りをハイエナやハゲタカ、
さらに小動物・微生物が分解するという図式です。
当店は、ハイエナあたりでもなく、キノコぐらいの位置づけでしょうか。
2012.01.13 Friday 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) | 出張買取りの記 | 

出張買取ー鎌倉にて

鎌倉にて出張買取。

伺うと「猫は大丈夫ですか?」と玄関先で聞かれます。
「はい。大丈夫です。猫好きです。」
数匹飼ってらっしゃるとのこと。

買取させて頂く本のある部屋へ通される途中、
猫はどこかなーとチラチラ探します。
あいにく、お隠れになっているようで。
うーむ、残念。

本はデザイン関係の本にいいものがありました。
お仕事がらみの本は、切り取り・線引きとかのリスクはありますが、
当たることが多いです。

大量のクラシックCD。
ちょっと古いけど、大丈夫かな。

一般書は、タバコが入っているので厳しいか。
古本市場価値の下落が早い一般書は、状態重視です。
最近特にお客さんから敬遠されがちなのが、タバコ喫煙者の本。
ヤケはどうにかなることもありますが、臭いが落ちません。

あとは、お父様所有だったという、古い本たち。
いくつかは買い入れできるが、
残りは処分することになってしまうとお話ししました。
古本屋の仕事としては、市場価値で本を計るだけなので、
本そのものの価値や個人的な思いを入れることはできません。
とはいえ、大切な本を(市場で)無価値などと言うことは、
いつも気がひけます。

見積りからお支払いが終わったところで、
ふと見上げると、冷蔵庫の上に猫がいました。
一匹だけ逃げないで、見守っていたようです。
黒白の鉢割れ模様で、実家で飼っていた猫を思い出します。
最後に猫に出会えて、楽しい出張買取となりました。

2011.11.03 Thursday 13:17 | comments(2) | trackbacks(0) | 出張買取りの記 | 
 | 1 / 9 PAGES | >>